浄土真宗本願寺派
徳 善 寺

住職の挨拶


ようこそ徳善寺のホームページにお立ち寄り下さいまして、ありがとうございます。


当、徳善寺は昭和27年、第1世住職 岡崎壽海 により創建されました。
それ以前は神戸市西方の地にあった本願寺派の布教所・西神説教所が前身の開教寺院。
昭和44年、第2世 岡崎満利雄が住職就任。昭和58年12月2日には大谷光真本願寺派門主のご巡教がありました。
平成7年1月17日、阪神・淡路大震災により、本堂・庫裏が全焼。
その年の12月に本堂・庫裏を再建。
平成14年、第3世 安積義龍が住職就任。
平成23年7月、新たに納骨堂を完成。
平成24年3月には、親鸞聖人750回大遠忌並び納骨堂落慶法要を行う予定です。


ご門徒の皆様方には気軽に立ち寄ってもらえるお寺であることが使命と考えております。
仏様より頂いたご縁を大切に、皆様と共に歩んで参りたいと念じております。
  合 掌
南無阿弥陀佛


徳善寺 住職 安積義龍





過去の徳善寺だよりはこちら

Copyright (C) 2011 KUROMAKUMA All Rights Reserved.